知識量で圧倒的に負けてる私が麻雀で勝てる理由

2020-01-04麻雀ブログ

 

この間のお盆の三人麻雀で大敗したTB。

仲間内で基本1位のTIが自分の手の内を教えてあげたらしいのですが、TBは字牌を抱えるタイプであることが判明!

もちろん麻雀のやり方は人それぞれだけど、私は1・9字牌から処理していくよう教えられました。

同じことを説明したようです。

ブログにはまた個別にまとめていく予定。

 

TBは年末にも帰ってくる気マンマンで、リベンジに燃えているようです。メンタル強いわ。

 

 

 

Left Caption
私にはあんまり麻雀の指導しなくなったのは、もう伸びしろがないってことかしら?

と聞いてみました。

 

すると

 

Left Caption
しのぶちゃんはね、勝ち席に座れる運の強さがある!

 

え?麻雀の伸びしろの話しじゃなくて?笑

と、拍子抜けしたのですが、真面目な口調で「麻雀は運も味方につけるゲームだからとても大事なこと」と続けました。

知識量と経験で圧倒的に差があるのに、しのぶちゃんが勝てるときがあるのは「引きが強い」からだよ、と。

 

知識はあった方がいい。これは間違いない。

けど、そこで負けてても麻雀には勝てるチャンスがある。

「運」が絡むゲームだから。

 

始めたばかりの人や知識の量に自信がない人は、私が目指す「手作りのスピードを重視した麻雀」をおすすめします。点数のデカさより、テンパイまでのスピードです。

 

結局、伸びしろがあるのかないのかは答えがなかったけど、麻雀は楽しいので自習でも知識は増やしていこう。

 

お盆とお正月の年2回の三人麻雀は、私が麻雀する回数が少ないのでちょっと不満。

見てるのも楽しいけど、やっぱりやりたい。

 

ただ、麻雀を楽しみに帰省するTBの邪魔もしたくないので、別で3人麻雀の機会を増やしたいなぁ。

 

これからもゆるーく精進します。

 

この記事を書いた人

しのぶ

三人麻雀を勉強中のアラフィフです。
麻雀を覚え始めたのは44歳のとき。 人数が足りないときのメンツ要員として誘われたのがきっかけです。まだ初心者のレベル。 麻雀友達と自動麻雀卓が欲しい~!

Posted by しのぶ